札幌でリウマチ治療を中心としたクリニック。さっぽろ内科・リウマチ膠原病クリニック

さっぽろ内科・リウマチ膠原病クリニック

 011-700-2000

診療時間 9:30~18:00(火・木・土は午前のみ)

リウマチ

初めてのリウマチ検査

投稿日:

院長のさっぽろ内科・リウマチ膠原病クリニック院長 近祐次郎です。

 

リウマチの検査っていったい何をするとおもわれますか?

 

リウマチとはそもそもどういうものをご想像されていますか?

 

手が痛くて、いつも手をさすっている患者さんのイメージでしょうか?

 

 

 

リウマチはかつて「慢性関節リウマチ」と言われました。

なぜか?

 

慢性的に(長い時間をかけて)関節がいたくなる病気 = リウマチ ?

 

いまは病名も変わり「関節リウマチ」とすることが提唱されました。

 

リウマチという病気は「あっという間に」

骨が「壊れていく」

病気なのです。

 

つまり、骨が壊れていないか、まず

①レントゲンを撮ります。

 

そして、すぐにでもこわれそうな状態であれば

②すぐにエコーをします。

 

エコーはなんでするのか!?

これは今度またお話しします。

 

そして、最後に

③血液検査をします。

 

血液検査はその場ですぐにわかる検査と

10日間ほどかかる検査があります。

 

この後半の10日ほどかかる検査には

膠原病の検査、リウマチの検査(リウマチ因子や抗CCP抗体)

などが含まれます。

 

そして、結果がわからなくても、すぐに治療をすることもあります。

 

あきらかにリウマチとすぐにわかる患者さんもいるのです。

 

ですから、検査と説明で最低2回来ると思ってください。

どうぞよろしくお願いします。

 

 

ご予約お待ちしております。

 

011-700-2000

-リウマチ

Copyright© さっぽろ内科・リウマチ膠原病クリニック , 2020 AllRights Reserved Powered by micata2.