札幌でリウマチ治療を中心としたクリニック。さっぽろ内科・リウマチ膠原病クリニック

さっぽろ内科・リウマチ膠原病クリニック

 011-700-2000

診療時間 9:30~18:00(火・木・土は午前のみ)

膠原病

シェーグレン症候群は難しい。

投稿日:

シェーグレン症候群はかなりの患者さんが

いらっしゃると見込まれています。

日本ではなぜか、北海道、東京、石川県だけで難病申請が

できていたのですが、全国でそれが可能になりました。

検査の流れとしては、

 

●眼球乾燥 ~ シルマー試験、フルオロセイン、蛍光色素 → 必要であれば組織検査

●口腔内乾燥 ~ サクソンテスト、ガムテスト → 必要であれば組織検査

●抗SSA抗体、抗SSB抗体

 

しかし、、、、

 →→ 確定診断は簡単であり、対症療法しかない。

難病とるためにはある程度の重症度が必要で

料金もかかりますので、下記に当てはまらない方は

基本的に難病申請は申請しておりません。

 

◎ESSDAI(シェーグレン症候群の重症度分類)
 1.健康状態(高熱、体重減少)、2.リンパ節腫脹(2cm)、3.耳下腺腫脹(3cm)、4.関節痛(6関節以上)、5.皮疹(紫斑、潰瘍)、6.間質性肺炎(%VC 60以下)、7.糸球体腎炎、8.筋炎症状(CK上昇)、9.多発単神経炎、10.中枢神経症状(痙攣、麻痺)、11.血球減少(Neu500以下、血小板5万以下)、12.グロブリン異常 IgG2000以上)

 

ご心配な方は当院受診をご検討ください。

セカンドオピニオンも受け付けております。

 

 

 

-膠原病

Copyright© さっぽろ内科・リウマチ膠原病クリニック , 2019 AllRights Reserved Powered by micata2.